YouTube

 インタビューを受けました。


イーマサウンドについて、
街づくりの専門家の方と
お話しさせていただきました。

撮影場所は
私が普段使用させていただいている
壇具川サロンです。

#イーマサウンド
#イーマサウンドしものせき
#壇具川サロン
#下関市
#長府

 

参考動画》

【音叉を使った共鳴(共振)の実験】

離れた2つの音叉が片方を鳴らすと、もう片方にも共振が起こることを、きっとあなたもご存知ではないでしょうか。
これは音が鳴っている(エネルギーを発している)音叉に、もう片方の音叉が共鳴するためです。
一方で、違う振動数の音叉を2つ並べても、そこに共振は起きません。「音」にはこうした原理があるからであり、極論を言うなら、若い人がそこにいなくとも、私たちはその若さ溢れる振動というエッセンスさえあれば、そこに共振して元気になるのです。

https://youtu.be/s9nUOYcA4P8 36秒

実験音叉を使った共鳴(共振)の.PNG

 

音が「カタチ」を作る さとうみつろう氏による、松下先生へのインタビュー】

今まで松下先生が一部の人にしか話をしていなかった、 音の世界についての対談。

(その1)https://youtu.be/_gC4dhCf4Cc 28分38秒 "音が「カタチ」を作る”

(その2)https://youtu.be/IYuiOkJzTO8 2分16秒 "音の「カタチ」は立体”

(その3)https://youtu.be/nJpspHSulIw 5分6秒 "南極では自分が言った「悪口」が見えるし、それは永遠に漂う”

(その4)https://youtu.be/Hb0-k2CvkIQ 45分46秒 "松下先生×Wkimi"

音が臓器をつくる.PNG

 

 

【ハンス・イェニー博士の実験】

ハンス・イェニー博士(1904年-1972年。スイス) 「音にはその音特有の形を作り出す性質がある」と考え、
粉末や液体に音(振動)を与えて、音を可視化できることを解明し、 この物理的分野を「サイマティクス」を名付けた偉大な博士。
サイマティクスの父として知られている。
映像は砂鉄が立ち上がって動き始めたり、背骨の形になったり、 特定の複合調和音をかけると、砂や液体が立体のカタチを作り出す。

https://youtu.be/pJELq0fuGJc  2分7秒

ハンスジェニー他.PNG

 

音の周波数だけで生み出された、幾何学模様 Cymatics(サイマティクス)

普段目にすることができない音の世界。そんな珍しい世界をクールな映像で視覚化した動画をご紹介します。
音の振動によって、スピーカーの上にまかれた砂が様々な模様を描きます
さらに、重力を無視したかのように水が渦巻いたり
波紋の形が次々に変化したりと、本当に様々なもので音の表情を見ることができます。
音に合わせて変化していく幾何学模様は、一見の価値ありですよ!
21秒からは、実際にサイマティクスの実験をしている映像があります。

https://youtu.be/Q3oItpVa9fs 5分52秒

サイマティクスYOUTUBE.PNG

 

 

【ベッカムの骨折を治した音響振動技術】

2002年のサッカーワールドカップ直前に足首を捻挫骨折した際、 英国のクリニックで音響療法を受けたところ、 驚異的な回復力だった。 ベッカムは音響振動技術を使い通常10週間の療養が必要な骨折から、 わずか7週間で奇跡の復活を果たした。その治療方法とは?

特命リサーチ200X  「ベッカムとネコのごろごろ」

https://youtu.be/elvEGl9y7hI 5分32秒

ベッカム.PNG

 

 

【人の声にも「カタチ」を変えるちからがある】

マライア・キャリーはボトルキャップを歌声で外すことができる

https://youtu.be/byA776titoI 1分49秒

 

マライヤキャリー 資料写真.PNG

 

 

【声でワイングラスを割ることができる 】

https://youtu.be/gEykCqtDhFY 35秒
https://youtu.be/l8tphprz-XI 27秒